4、5、6月に寄せられた、苦情、要望、意見

4月
・お迎え時、以前と比べると事務所にいる職員の対応が悪い。
→年度当初、園長・主任保育士共に他園より異動・着任したばかりで、上手く対応できずご迷惑をおかけしました。一刻も早く慣れるよう努力いたします。保護者の方々もどしどしお声掛け下さい。

5月
・親子遠足の中止決定の判断が遅かった。親は仕事を休んで参加している。直前の中止決定になると対応できない。
→決定が遅くなり申し訳ございませんでした。今後は気象情報等を早期把握し、早目の決定に努めます。

6月
・保育園関係者からコロナ陽性者が出て、クラスターになったこと、感染情報を保育園の方から知らせて欲しかった。休園しなくてもよかったのか。
→先日(令和4年6月21日)に配布させていただいた文書をお読み下さい。保育園は園のみの判断で行動できず、厚生労働省からの「保育所等における新型コロナウイスへの対応にかかるQ&A」による行政からの指導により判断・行動いたします。

・自粛している間不安である。保育園の様子が知りたい。
→自粛のご協力ありがとうございました。令和4年6月9日より、行政の許可を得てメール配信を行いました。

・クラスターが発生する前と後での感染予防の違いを教えて欲しい。
→具体例

以前
① 室内のクローラ水での消毒
② おもちゃの定期的消毒
③ 共用部の消毒
④ 藤組・梅組全員が一方向を向いて食事、机配置の工夫、黙食の声掛け

以後

① 室内のクローラ水での消毒及びアルコールでの消毒
② おもちゃの使用毎消毒
③ 共用部の消毒、特に玄関を1日に複数回消毒
④ 桜組全員も一方向を向いて食事ができるよう机の複数台購入、机配置の工夫、黙食の声掛け

新規
① 保護者・来園者の体温を計るために顔認証型AIサーマルカメラの設置
② 子ども用のペーパータオルを各トイレに設置
③ 以前に比べ、発熱の症状がなくとも咳や鼻水の症状がみられる、機嫌が悪い、食欲がない等のお子さまの保護者へこまめな連絡
④ 桃組・菫組・蒲公英組は食事の介助が必要なため一方向を向いて食事ができないことから、なるべくテーブルを離し、飛沫を飛ばさないよう声掛け

・さまざまな噂話を聞いた。本当かどうかわからなかった。
→保育園には苦情解決責任者(園長)、苦情受付担当者(主任保育士)及び第三者委員(当園の掲示板に記載)を設置し、苦情解決に努めるようにしています。SNSや噂話等さまざまな情報に惑わされず、何かご不明な点があれば直接、若しくは、お電話にてお尋ねくださいますようよろしくお願いいたします。誠意を持って話し合い、解決に努めます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする